東京女子大学 人文学科 英語文学文化専攻

資料のご請求はこちら

英米文学研究会

英語文学文化専攻の学生、卒業生と教員が所属しています。主な会の活動は二つの雑誌発行と講演会の企画です。
雑誌の内、一つは教員や研究者になった卒業生の研究の成果を報告するものです。もう一つは天達賞を受賞した学生の卒業論文を掲載しています。
毎年、卒業論文の中から優秀論文が選ばれ、選ばれた学生は優秀論文発表会で次の学年に向け、論文の内容や論文作成の経緯を報告します。そして優秀な論文の中から天達賞を選びます。天達賞を受賞した学生論文は、卒論を書く学生への良い刺激となっています。
会では毎年講演会を企画します。そのときそのときに、良い刺激を与えて下さりそうな講師をお呼びしています。
会では卒業式の日に、天達賞の授賞式も行っています。

2016年度天達賞授賞式 2017年3月17日

2017年3月17日(金)、卒業式・専攻写真撮影終了後に、2016年度天達賞授賞式が、英語文学文化専攻会議室(23号館5階)で行われました。専攻主任の本合陽先生より、賞の名前となっている天達文子について説明があった後、イギリス文学、アメリカ文学、英語学、Presentationの各分野より選ばれた4名に賞状と図書券が贈呈されました。鈴木麻生さん(英文学)、三谷真由さん(米文学)、高浦菜穂子さん(英語学)、佐々木玲奈さん(Presentation)、いずれも大変優秀な卒論でした。4名の受賞者の方々、英語文学文化専攻の先生方、またご家族の皆様も参加して記念写真を撮りました。

イギリス文学 鈴木麻生さん

アメリカ文学 三谷真由さん

英語学 高浦菜穂子さん

プレゼンテーション(カルチュラル・スタディーズ) 佐々木玲奈さん

 

過去の受賞者および受賞作一覧

2016年度

鈴木麻生さん
A Study of Thomas Hardy's Tess of the d'Urbervilles: The Dilemma over Reality and Artificiality about the Representation of "Pure Woman"
三谷真由さん
A Study of William Faulkner: Sutpen's Legacy and Quentin's Distress in Absalom, Absalom!
高浦菜穂子さん
English Metaphor in Advertisement
佐々木玲奈さん
A Study of Gender in Shakespearean Drama: Cross-Dressing, Androgyny and Changing Identity in As You Like It

2015年度

平口京子さん
A Study of Somerset Maugham: "The Adventure of His Soul" in Of Human Bondage
渡辺亜美さん
A Study of Richard Wright: Bigger's Distorted Sense of Guilt in Native Son
永山里莱さん
A Study of Gender Differences in English: Focusing on Relationships between Social Positions and Language Uses
松原夏奈さん
A Study of Gender in Japan: The Representation of Motherhood in the Media

2014年度

高原茜さん
A Study of William Shakespeare's The Merchant of Venice: A Man Who has Dual Nature
米井志歩さん
A Study of Arthur Miller: Female Characters and Gender Stereotypes in The Crucible
水澤公美子さん
A Linguistic Analysis of the English Language Used as Propaganda: Ideas and Devices in Presidential Remarks on the Afghanistan War
田原彩惠香さん
A Study of Orientalism: The Changing Egyptian Images

2013年度

大河原咲子さん
A Study of Romeo and Juliet: Fortune and the Lovers’ Strong Will
尾山隆子さん
A Study of Zora Neale Hurston: Janie’s Self-establishment in Their Eyes Were Watching God
小川真穂さん
A Study of Politeness in English: Politeness in the English Textbooks
石川花那子さん
A Study of Deeply Rooted Discourses in Consumer Lifestyles: Fair Trade Marketing of Starbucks Coffee Company

2012年度

小笠原希さん
Impoliteness in English: Swearing and Offensive Words in Popular Songs
藤原さくらさん
A Study of John Keats’ Narrative Poems: Beauty in Death as Tragegy
菊池久留美さん
A Study of Herman Melville: Impenetrable Walls in “Bartleby the Scribner”
米本奈央さん
Projective Identification and Discoursic Identities: Polanski’s Films as Psychological Defense Mechanisms against Disorder

2011年度

伊神友里絵さん
A Study of the Syntactical Change from Impersonal to Personal Constructions in English
安田万有恵さん
Great Expectations: The Stage of Existence
橋本実季さん
A Study of Ernest Hemingway: Nature in African and Caribbean Stories
塩澤亜美子さん
Visual Expression and the Blue Note Label: Designed by Reid Miles

2010年度

増田有希子さん
A Study of E. M. Forster’s A Passage to India: The Unattainable Passage to True Human Relationship
渡邉藍衣さん
A Study of Henry David Thoreau: Rebirth in Walden
星野由梨さん
A Study of Gender in English: With Special Reference to Hedges
樋口綾さん
A Study of Jhumpa Lahiri: A New Type of Outsider and the Deconstructive Hybridity of Identity in The Namesake

英米文学研究会会則

この研究会は学会と連絡をとりながら、専門の研究活動をおこない、日本における英米文学研究活動に参加し、東京女子大学の研究成果を発表するものである。

  1. 会 員
    東京女子大学の教職員、現代教養学部人文学科英語文学文化専攻・文理学部英語文学科の学生、同卒業生、旧姓東京女子大学大学部、英語専攻部、外国語科の卒業生を中心とする。
  2. 会員は所定の会費を納め、機関誌の頒布を受け、これに研究を発表することができる。その他、英語文学文化専攻・英米文学科において主催する講演会、研究会に出席することができる。(現在の会費は1,000円)
  3. 本研究会の所在は下記の如し
    東京都杉並区善福寺2-6-1 東京女子大学内 英語文学文化専攻・英米文学科研究室
ページトップ