東京女子大学 現代教養学部 国際英語学科 国際英語専攻

ゼミ紹介

イングリッシュ・スタディーズ・コース

◆❝Cultural Studies❞ Seminar (Advisor: Professor Andrew Houwen)

In the Cultural Studies Seminar, we study a methodology of analyzing popular culture from texts with basic theories or concepts of Cultural Studies. I chose this seminar because I have an interest in understanding how the common senses or stereotypes are formed in a specific cultural area and how the representations that lead to them are provided in our societies. Specifically, I was interested in popular culture such as movies, music, and folklore. This Seminar deals with the basic concepts of Cultural Studies and focuses on some examples related to them. We studied the theory of Orientalism and analyzed the film Madame Butterfly by drawing on Said’s Orientalism in this semester. Next semester, we will focus on gender and study the representation of women in the media. It was quite difficult to understand the concepts of Cultural Studies at first, but this could be understood thorough discussions with Seminar students. The texts we study are very enjoyable and the topics and media to analyze are various in the field of Cultural Studies. If you are interested in analyzing many modern cultural products or the formation of stereotypes, this seminar would be suitable. Also, this Seminar is all taught in English, so it is a great opportunity to practice and improve your English and gain confidence in it.(Kako Sugiyama)

◆「アメリカ文学」ゼミ(担当:篠目清美先生・本合陽先生)

アメリカ文学ゼミは、アメリカを題材とする文学を中心に、映画や写真など様々な文化テクストの読み方、論じ方を学ぶゼミです。私はアメリカ留学の経験から、アメリカ文化に興味を持ちました。さらに、文学だけでなく映画にも興味があったため、私のやりたいこと全てができると思い、アメリカ文学ゼミを選びました。このゼミには、アメリカ文学や文化に興味のある学生、教職を取っている学生等が所属しています。ゼミでは、事前に配布される資料に取り組み、グループ内でハンドアウトを作成し、提出します。授業の最初でハンドアウトに基づき、各グループが全体に向けて共有します。さらにグループで議論し、テクストを読み込んでいきます。2年間のゼミでテクストを様々な視点から論じることのできるスキルを身につけ、卒論ではアダプテーション研究をしたいと考えています。このゼミでは、グループメンバーと教授と積極的に意見を交わし、テクストへの理解を深めていきます。その議論の中で新たな発見をする楽しさがあります。(深井彩花)

◆ 「イギリス文学」ゼミ(担当:溝口昭子先生・吉野由起先生)

イギリス文学ゼミでは、イギリス文学と英国の植民地政策による世界への影響を切り離してイ考えることはできないという視点から、さまざまな作品を扱います。前期は英国人作家Doris Lessingの短編"Flight" 、南アの作家Nadine Gordimerの短編"City Lovers"、そして豪州出身の P. L. Traversの英国児童文学Mary Poppinsを読んでいます。文学へのアプローチの方法は様々で、ポストコロニアリズム批評、マルクス主義批評、フェミニズム批評といった多角的な視点から作品に込められたメッセージについて考察していきます。新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの授業が多いのですが、それを逆手にとって授業に南アフリカのプレトリア大学の学生や職員の方をZoomで招き“City Lovers”とその映画版がもたらした影響について私たちが発表し、その後のdiscussionでは南アの方が体験したアパルトヘイト時代の貴重なお話を伺うことができました。作品を適切に理解するために、時代背景や文化、当時の階級制度やジェンダーについて学ぶことで作家の表現した世界を受け止めることができます。これらの知識とともにこのゼミでは想像力、読解力・分析力に磨きをかけ、文学批評をするための視点を日々養っています。オンライン授業ではありますが活発に意見を交わし合い、協力してグループ発表をしたりと楽しく授業を受けています。 (市川さくら)

南アフリカのプレトリア大学の学生とスタッフを交えての発表とdiscussionの様子

 

 

 ◆4年次「イギリス文学」ゼミ(担当:溝口昭子先生)

4年のイギリス文学の溝口ゼミでは、自分の決めたテーマに関する卒業論文を書けるようになるために、1つのテクストを用いて、作品の読み方、文学批評の理解や批評論文の読み方、文献目録の書き方、資料の探し方、正しい文法を使用した論文の書き方を教えるゼミです。今学期はJames JoyceのDubliners の“Eveline”という作品を題材にしています。私は参考文献の書きかたや論理的に文章を書くことに不安がありましたが、図書館実習(図書館のWeb VPMを使用した資料集め)で資料を見つけ、それを正しいフォーマットで目録を作成するやり方や、自分の意見により説得力を持たせるために、他の論文の意見を言及しつつ論じる方法など論理的に書くことなどを実践的に学んでいます。先生の丁寧なご指導を受け、卒業論文の完成に向けて文章作成能力を身につけ着実に力をつけています。
また、フェミニズム批評や精神分析などの文学理論についても学び、文学理論を用いて作品を読む方法を含め、多角的な視点から作品を読解、分析していきます。また、ただ作品の内容を分析するだけでなく、描かれた背景や社会の状況などを含めて考える重要性を感じています。私は卒業論文ではKazuo Ishiguroの作品を扱う予定ですが、この作品の内容だけでなく、書かれた時代や社会状況など、作品をとりまくすべての要素を考慮して論文を完成させたいと考えています。(菅谷有紗)


◆「英語学」ゼミ(担当:野村恵造先生・塩原佳世乃先生)

英語学ゼミでは、YuleのThe Study of Language (7th ed.)を読みながら、言語の歴史や音声学、音韻論、形態論、統語論、社会言語学など様々な言語研究の側面を学んでいます。授業は学生による発表や先生による解説を中心に展開され、その中で言語学・英語学の基礎的な知識を習得し、卒業論文に向けて、各々関心のある分野を見極めていきます。英語学を学ぶ理由は人それぞれですが、留学を経て、言語を通じて見える文化の違いや英語特有の発音、文法、表現方法など英語という言語そのものに興味を持っている人が多いようです。英語そのものについての知識を深めることは、同時に英語に付随する文化や第二言語習得の在り方を考えることにも結びつきます。このゼミでは、深くそして幅広く英語について学んでいるのを実感します。  (関真衣子)

英語教育コース

◆3年次ゼミ (担当:鈴木栄先生)

英語教育コース3年次演習(鈴木ゼミ)では、主に卒業論文の執筆に向け、研究方法について学んでいます。「英語教育」と聞くと、教職課程履修者用なのではないかという印象を持つ人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。実際に、2019年度入学者の3年次ゼミには、もちろん教職課程を履修している学生もいますが、取っていない学生も多いです。また、グループワークが多いのが、このゼミの特徴であると言えます。グループワークを中心に授業が展開されていて、学生同士で意見を活発に交わす機会が多く設定されています。この事によって、自分の学習を深めることができます。さらに、他の学生からの刺激を得ることもできます。ゼミでこれまで(2021年6月現在)に行った内容としては、論文の輪読及び発表、質的データの分析方法、調査方法の学習、コーディングの実践、アンケートの分析・考察の5つです。それぞれについて以下に行ったことを具体的に述べていきます。

・論文の輪読及び発表

論文の輪読では、自分たちの興味に基づいてグループ分けを行い、そのグループで1つの論文を読みました。そして、全体でリサーチクエスチョンや研究方法、結果などを発表し、質疑応答を行いました。複数人で同じ論文を読むことで、一つの論文の理解を深めることできます。それだけでなく、クラスで読んだ論文を発表することによって、自分が読んだもの以外の論文に触れることができるだけでなく、自分が今まで触れてこなかったテーマに触れることができます。
※2020年度の論文発表で扱われた論文はこちら

・質的データの分析方法、調査方法の学習
研究には質的研究と量的研究があります。前者は、言葉によって語られ、理論の裏にある背景をみる研究方法です。一方後者は、数字によって語られることが多く、大まかな傾向をみる研究方法です。卒業論文執筆の上で研究は必要不可欠なもので、その方法を学ぶことは大変重要です。クラスでは、ハンドアウトに沿って、量的研究と質的研究の違いやどのような視点でそれぞれの研究法は物事を捉えているのかをグループで話し合いながら学習しました。その後グループで量的研究と質的研究の英語教育に関連する身近なテーマを考え、それぞれの研究に関する理解を深めました。

 ・コーディングの実践
物語の重要な部分を抽出して、分析していく方法がコーディングです。授業では、2人の学生の英語のエッセイを用いて、モチベーションの上下と英語学習歴に注目しながらグループでコーディングを行い、何が言えるのかについてまとめました。また、クラス全体でコーディングの結果を共有することにより、一つの文章からも様々な視点で分析することができるということを学習しました。

・アンケートの分析考察

 今やってること
2021年6月現在3年次演習では、アンケート調査の分析及び発表を行っています。先生が用意したアンケートに一人一人回答し、4,5人のグループでその回答を共有しどのような傾向があるのか、共通点・相違点はなにかなどをグラフや表を用いながらまとめる練習を行っています。また、その発表をクラス全体で共有し、アンケート調査の分析に対する理解を深めるとともに、どのように行っていくのか、どのようなテーマが考えられるのかについて実践を通して学習しています。

 研究会
英語教育ゼミでは主に教職課程履修者を中心に、英語教育研究会というもの行っています。この研究会は、成績などに関わるわけではなく、参加したい人が自由に参加する形になっており、論文の輪読や、中高の現場で働く先生から話を聞くことを通して学びを深めるとともに、将来に活かそうとする団体です。現在は基本的に日曜日に活動しており、参加できる人がする形になっています。2021年5月23日には、第1回目として東京女子大学の協定校である、横浜女学院中学高等学校の白井龍馬先生をお招きし、高校の英語教育の現状、コロナ渦での学校の様子、さらには海外の大学院の授業についてのお話を伺い、ディスカッションを行いました。今後は輪読や実際に英語の授業を受ける生徒(中高生)の話を聞いたり、現場の先生を招き話を聞いていく予定です。

ゼミ生の声
私がなぜこのゼミを選んだのか、実際に授業を受けてみてどうか、また、研究会について述べていきます。

・なぜこのゼミを選んだのか

私は教職課程を履修しており、もともと英語教育に興味を持っていました。また、一年生の頃から英語教育に関する授業を中心に履修しており、日本と世界との比較や、現場と理論のギャップなどを感じていく中でさらに英語教育にいついて学習したいと思ったため英語教育ゼミを選択しました。

・実際に授業を受けてみて

卒論執筆に向けた研究方法などを実践的に学習することができ、様々な英語教育のテーマに触れていく中で自分が今まで注目してこなかったテーマにも気がつくことができました。さらに、この授業ではグループで行う事が多いため、他のクラスメイトの話を聞き、多くの刺激を受けています。それだけでなく、分析の際にも他の人の観点を取り入れることで多角的なアプローチをすることができ、この経験は卒論執筆にも役立つのではないかと感じています。

・研究会について

研究会の内容については前述のとおりですが、少人数で行われているため、議論を交わしやすいのが特徴であると言えると思います。同じ学年の学生のみで構成されているということもあるかもしれませんが、授業に比べて自分の意見を話しやすく、ゲストスピーカーからの反応を得られ、それをさらに発展させることができるというのは、研究会ならではのことなのではないでしょうか。それだけでなく、研究会では自分の興味に則した質問をしたり話を聞くことができるため、なかなか授業では扱われにくい「ナマの現場の声」を聞くことができます。さらに、扱われるトピックも授業とは異なり、自分たちが何を知りたいのかに基づいて内容が構成されていくため、自分の興味関心と一番あった話を聞くことができていると感じます。

このように、英語教育ゼミでは実践を通して研究方法を学ぶだけでなく、自分たちの学びたいことを自由に学ぶ環境があり、そのための先生からの支援を受けることができる場所であると考えます。(
川上千尋)

   

 
◆「英語教育学と第二言語習得研究」ゼミ(担当:鈴木栄先生・森博英先生)

英語教育ゼミでは、卒業論文に向けてそれぞれが興味のあるトピックの論文を読んだり、それをまとめて発表したりしています。また、今までの授業では、学習理論を学んだり、モチベーション、英語学習におけるWillingness to Communicateについての理解を深めました。ライティングの授業でも英語教育に関するエッセイを書いているのでゼミでの知識が大いに役立ちます。自分が受けてきた英語教育や今の日本で行われている英語の授業を考察しながら、他国の教育と比べたり、これからの英語教育をどうするべきなのか、考えを深めることができます。実際に教員を目指している、また、教育関係に進みたいと思っている学生もいる一方で、第二言語習得の分野に興味がある学生も多いです。鈴木先生、森先生をはじめ、30人ほどの学生たちと日々学び、考えを深めています。(吉田朋華)

 

英語キャリアコース

◆「翻訳・活字メディア表象」ゼミ(担当:田中美保子先生)

英語キャリア・コースのトランスレーション・スタディーズ二つのゼミのうち、出版活字素材を扱う「翻訳・活字メディア表象ゼミ」では、「対照」の視点を軸に「言葉と文化」をめぐるさまざまな事象や課題を考えます。日本語と英語の対照分析や翻訳にまつわる諸問題の検討を行うことで、翻訳そのものや他言語への学問的な理解を深めるとともに、翻訳を通して英米の文学や文化・社会・歴史、ジェンダー思想、政治外交問題などについて考察します。

 私たち3年生は、まず、教科書を章担当ごとにまとめ上げプレゼンし、またディスカッションを通じてトランスレーション・スタディーズの基礎を習得します。教科書の内容は非常に難易度が高いうえ、現在のオンラインの学習環境による困難もありますが、ゼミの仲間とさまざまなツール(ZOOMやGoogleドキュメント、SNSなど)を最大限活用し、活発な意見交換や協働作業を行なうことで理解を深めています。そうした作業を通じて、翻訳が、活字として表されたあらゆる素材と関係していることを実感しました。また、人間のあらゆる行為について翻訳を軸に分析できる点で、大変奥深く魅力的な学問だと思っています。

 世界の様々な素材の比較により、各民族の文化の根底にある志向性や価値観を知ることができます。また翻訳実践による社会への影響を議論し、行動に落とし込むことで、多様な価値観や、一つのことがらを複眼的に見る方法を見つけ出す力を学ぶことができます。(佐藤七海)

◆「翻訳と活字メディア」ゼミ(担当:田中美保子先生)

「トランスレーション・スタディーズ」には、二種類のゼミがあり、学ぶポイントに共通点が多いので時々合同ゼミも行われ、教科書も共通のものを用いています。私はその中で、「翻訳と活字メディア」を主に学ぶゼミに所属しています。 

ゼミでは、元のテクストと翻訳された後のテクストを比較・分析し、どのような文化や社会、歴史、政治の影響を受けて翻訳が行われているのかを学びます。前期は、英語で書かれた翻訳研究の専門書(写真:表紙と目次)を手がかりに、翻訳をめぐる問題について皆で考えてきました。翻訳実習の授業で体験的に学んだことを学問的な知識として分析し深めるとともに、学問的知識が実際の訳だしのヒントになることもあります。つまり、ゼミでの学びは翻訳実践そのものや翻訳をめぐる問題を捉える基礎を固めてくれる、というイメージです。翻訳をめぐる問題は、文学作品や映画、芸術、ビジネスや日常生活、政治外交など、様々な分野にまたがるので、英語のテクストを読むときに「もう一つの視点」を与えてくれたり、自分の興味や得意分野を探り深める助けになったりしています。(伊藤恭子)

「通訳と音声メディア」ゼミ(担当:鶴田知佳子先生)

通訳ゼミは現場の第一線で現在も通訳士として活躍していらっしゃる鶴田知佳子先生のもと、20名のメンバーで活動しています。この通訳ゼミでは、“言葉と文化”に着目し、より実践的な英語の運用能力の定着を目標として、日々活動を行っています。例えば、日本で人気を誇るアニメ「ドラえもん」はアメリカで放送される際に、アメリカの文化に沿って変換され、主人公の大好物であるドラ焼きはアメリカ版ではピザに変わっています。このように、日本と海外の二つ以上の言語や映像を比較し、それぞれの国の文化やジェンダー思想、政治がどのように通訳翻訳に関与しているのかを学びます。

研究題目の例としてはコミュニティ通訳の役割や、これからの自動通訳の未来といった通訳に関する研究をはじめ、世界各国の映画や広告における言語と文化の比較などが挙げられます。世界の様々な素材を比較することにより、各国の根底にある文化や思考、価値観を知ることができ、多角的な視点から言葉と文化を学ぶことができます。(新保春乃)

「通訳と音声メディア」ゼミ(担当:鶴田知佳子先生)

英語が堪能であれば、通訳は出来ると思っていませんか?通訳とは、単に異なる言語をつなぐものではなく、異なる文化同士をつなぐ行為です。そのため、異文化理解が一つの重要なポイントとなります。異文化へ高い関心を持ち、まだ知らない新しい概念を受け入れ、それを自分の言葉で説明できなくてはなりません。そんな通訳の奥深さに心惹かれ、私はこのゼミを選びました。

担当の先生は、現在も通訳者として第一線で活躍なさっているため、授業時には通訳現場での最新のお話を伺うことができます。英語論文を使って学術的に学びつつ、実務家の先生に理論と実践の接点を解説してもらうことで理解を深めることが出来る、それがこのゼミの魅力です。

卒業論文・卒業研究としてはトランスレーションスタディーズの分野のなかで興味の有るテーマを選び論文を執筆する、もしくはバイリンガルガイドブックヤ動画の制作を行い成果物についての論考を仕上げる、その二つがあります。世界中の素材を比較すると、各国の根底にある文化や思想、価値観が見えてきます。翻訳と言う視点から検討を加えることで文化がいかに言葉に影響をおよぼしているのか、理解を深めています。(川原唯)

◆3年次 Professional English Seminar A  (Professor Mieko Kobayashi)     

Hello everyone. My name is Ye Eun Choi who is taking professor Kobayashi’s Professional English 演習A class in TWCU’s English department. As a student who has been taking this class this semester, I would like to introduce some of the useful advantages that I have learned from this class. Firstly, Professional English 演習A class is taught in English, so it is a perfect opportunity to improve your both speaking and listening skills. Moreover, in class, we practice how to analyze and summarize the long reading passages, which allows us to improve our reading skills. Secondly, in the Professional English 演習A class, you can participate in many group discussions and projects. By sharing and gathering information or opinions with classmates, you can learn how to cooperate and communicate with others. Lastly, by taking Professional English 演習A class, it can be the best learning experience to develop yourself as a global leader. For example, in Professional English 演習A class, we learn how global companies and businesses are providing an impact on our society. By learning this kind of information, we can train ourselves how to show one’s ability and be active in a global society. I hope you can improve your English skills and set a global mindset by taking Professional the English 演習A class in TWCU’s English department.         (Ye Eun Choi)

◆4年次ゼミ(担当: 鶴田知佳子先生

4年次通訳研究ゼミは、現場の第一線で現在も通訳者として活躍されている鶴田知佳子先生のご指導もと、“言葉と文化”に関する卒業論文の執筆に励んでいます。学生は論文もしくは、動画やガイドブックといった実作の製作とFinal Presentationという二つの選択肢から、卒業研究課題を選択します。卒業論文の主な題目としては、世界の言葉と文化の違いに着目し、漫画や書籍、映画、広告から、各国の文化やジェンダー思想がどのように通訳翻訳に関与しているのかを考察します。また、外国人観光客に向けた地域の英語ガイドブックの製作の様に、実際の社会や人々に役立つ実作製作に卒業研究として取り組むことも可能です。

現在は新型コロナウイルス感染対策の為、オンラインと対面授業のどちらも取り入れた柔軟な授業形態を展開。毎週個人またはグループ発表を行い、教授やゼミメンバー間での意見交換を通して、全員が一丸となって卒業論文の完成を目指します。 (新保春乃)