東京女子大学 現代教養学部 国際英語学科 国際英語専攻

学科・専攻紹介

英語でコミュニケーションするだけではなく、どのような状況にも対応できる柔軟な人材を育成します

東京女子大学は、グローバルな舞台で英語を使えるスキルとコミュニケーションの幅を広げる教養を身につけた女性を社会に送り出しています。そのために国際英語学科では、海外研修(スタディ・アブロード)が必修で、さらに卒業論文を英語で作成します。大切なのは、これらに対し目的を持って取り組むこと。2年次後半の海外研修(スタディ・アブロード)で何を学ぶのか、また、海外で培った英語力と学習してきた内容を、どのように発展させて卒業論文につなげるのか。英語力を伸ばすだけではなく、文化や文学など、さまざまな科目の履修を通して、自分の可能性を発見してください。


国際英語学科主任 Dorsey Kleitz 教授

国際英語学科が目指していること

こんな力を身につけます

国際共通語としての英語を、4技能(聞く、話す、読む、書く)はもちろんのこと、文学、背景となる文化、言語としての特色について多面的に学び、英語教育や翻訳・通訳などの実践的分野で活用できる力を身につけます。さらに、海外研修(スタディ・アブロード)を通して、国際的視点から物事を考え行動する力、グローバル社会を生き抜く力なども培うことができます。

こんな学生を求めています

英語を学ぶ、英語で学ぶだけでなく、日本を知り、英語で発信したいという意欲を持つ学生に来てほしいと思います。この学科には英語教育や通訳・翻訳、国際機関で活躍できるスキルを身につけるクラスがある一方、文学や文化、言語としての英語を研究するクラスもあります。ひとつの分野ではなく複数の学びを結びつけ、自分の可能性を広げようとする学生を求めます。

こんな女性を社会に送り出します

英語でのコミュニケーションはもとより、専門的な仕事を含むさまざまな場面で英語を使えるスキルと、それらを支える教養を身につけた、国際社会のあらゆる場で貢献できる女性を送り出します。自分のスキルとさまざまな学びを結びつけ、目標に向かって自由にカリキュラムをデザインできる国際英語学科での学びが、どのような状況においても柔軟に対応できる力を養います。

語学力を磨き、幅広い知性を養い、国際社会のあらゆる場面に貢献できる女性を育てます

国際英語専攻では目的別にコースを設けています。英語学や英語の文学・文化を研究する「イングリッシュ・スタディーズ」、グローバル化に対応した授業ができる英語教員を育てる「英語教育」、通訳や翻訳など社会で英語力を活かす可能性を追究する「英語キャリア」の3つのコースです。これらを横断して履修することで、確かな英語力と国際社会に貢献できる幅広い知性を養うことができます。また、必修となっている海外研修(スタディ・アブロード)を通じて高い英語力を身につけ、学生のうちから英語を使った国際交流を実践することもできます。

こんな人にオススメ

・使える英語を身につけたい
・英語を活かした仕事に就きたい
・世界を飛び回って活躍したい
・英語で文化や芸術に接したい
・英語のスペシャリストになりたい

Topics

・海外留学を必修とします
・実践的プログラムで英語をキャリアに結びつけます
・自分の学びをデザインするコース制を設けました

学びのポイント

多彩な学びと半年間の必修留学

2年次後期では原則、半年間の海外研修(スタディ・アブロード)が必修となっています。ここでの充実した留学体験を、語学力の向上はもちろん、英語を使うさまざまな分野での学びにつなげます。本専攻では、英語と日本語の通訳や飜訳の理論と技術、英語を教える技法と方法論、英文学、英語圏の文化、言語の仕組みや表現など、多彩なテーマについて学ぶことができます。

徹底した英語力強化で英文の卒業論文作成へ

3つあるどのコースに進んでも、留学が各分野での学びを深める原動力になります。留学を通して高めた英語力を、国際社会でも通用する英語での発信力に活かします。学術論文の作成入門から最新の方法論や理論まで広く学び、英語での卒業論文の完成を目指します。

専門分野

イングリッシュ・スタディーズ・コース

●確かな論理力と深い洞察力を養う
●国際社会で活躍できる人材を育成する

英語教育コース

●英語の4技能の実践的な運用能力をバランスよく身につける
●グローバル化に対応した国際的な視点を備えた英語教員を育成する

英語キャリアコース

●英語の実践的運用能力を習得する
●英語力を活かして国際社会へ貢献する

取得可能な資格

教育職員免許状(一種免許)※

中学校(外国語〈英語〉)
高等学校(外国語〈英語〉)

※教職課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

学芸員