東京女子大学 人文学科 英語文学文化専攻

資料のご請求はこちら

トピックス

2021.03.26

2020年度、以下の2点の修士論文が提出されました。

Nakasako, Ayane  Meritocracy, Professionalism, and Innocence: Roald Dahl's Works in a Dickensian Context

Takeda, Kano A Discourse of Illness and Health in Jane Austen's Novels


本年度はzoomを使用してonlineで論文発表会を行いました。

2021.03.26

2020年度の学位授与式は規模を縮小して対面で行われました
ご卒業おめでとうございます。今年は春の訪れが早く、19日の学位授与式には桜が咲き始めていました。


2021.03.26

2020年度の天達賞授業論文(優秀卒業論文)について
英米文学研究会」のページをご覧ください。

2020.04.22

2020年度のガイダンス資料について
こちらのHPからも見られるようになっています。「在学生の皆様へ」ページをご覧ください。

2020.03.25

2019年度の天達賞授業論文(優秀卒業論文)について
英米文学研究会のページをご覧ください。

2020.03.06

2019年度、以下の2点の修士論文が提出されました。

五十嵐 理紗  "Discourse Markers and Their Pedagogical Implications"
森 薫葉 "The Use of Phrasal Verbs and One-Word Verbs in English as a Lingua Franca" 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、残念ながら本年度の論文発表会は中止となります。

森さんは、大学院での学びを活かし、2020年8月よりフルブライト語学アシスタントプログラムで
渡米する予定です。2017年には同じく博士前期課程修了生の横山素子さんが同プログラムで渡米しています。詳細はこちらからご覧ください。 

2019.07.31

International Theatre Company Londonによる2019年公演作品 A Midsummer Night's Dreamが5月30日に上演されました。
(詳しくは➡こちら
その関連イベントである Subtitle contest, Essay contest,
劇評コンテスト優秀作の表彰式が行われました。

2019.07.31

学部での学び、研究をさらに深めてみませんか?
2020年度大学院入試情報は
こちらから。
 *2020年度入試の変更点 ➡
  「英語文学文化分野」は筆頭試験を行わず、
     口述試験・出願書類の総合判定により選考を
     行います。

また、10月12日(土)のオープンキャンパスの日に、
大学院フェスティバルが開催されます。こちらにも
どうぞお越しください。

2018.09.12
学会主催の講演会が次の通り開催されます。
15世紀ロンドンに印刷所を開設した William Caxton と聖書について、学びませんか
 日時:9月25日(火)15:00-16:30
 場所:6111教室
 タイトル:"Caxton's Old Testament: Linguistic Evidence and Cultural History"
 講演者:Prof. John D. Scahill
2018.07.25

東京女子大学にインターンとして8週間滞在したマウント・ホリオーク大学のrenさんへのインタビュー記事を掲載しました。こちらです。

ページトップ